インフォメーションブログページ結婚式

ご祝儀について

結婚式場ロシェル・アンティークのホームページをご覧いただきまことにありがとうございます。

少し前の話ですが、
ネットニュースで【結婚式のご祝儀が空っぽ。新郎激怒。】
というのを目にする機会がありました。

「なんで新郎さん怒るのかな~???」というのが
私個人の率直な気持ちです。

そもそも、激怒する理由がわかりません。

お金(ご祝儀)もらえなかったんだから怒るでしょ。
と思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

日本では結婚式に参列した方=ご祝儀を納めるものという
暗黙のルールがありますが、
ご祝儀の額は「気持ち」で決まります。

常識的な相場はあるにしても、
気持ちですから金額は個人で決めて何ら問題ないのです。
(※会費制は違います)

要するにお祝いする気持ちが1,000円の方もいれば
50,000円もいます。

なかにはご招待されたのだからと
ご祝儀なしで来る人もいるかもしれません。
(聞いたことはないですが・・・)

それをご祝儀(お金)が入ってなかったから
怒るのは間違っています。

そしたら、なぜこの新郎さんは激怒したのでしょう?

ここからはあくまで予測です。

おそらく、この新郎様は
結婚式・披露宴の代金はご祝儀でまかなえると考えていたのだと思います。
もしかしたら、式場関係者にそう言われたのかもしれません。

残念な話ですが、式場プランナーの中には
「この位はご祝儀でカバーできますよ。」と言ってランクアップを
勧めてくる人もいるようです。

「ご祝儀がもらえるから赤字になることはない」
というのは大きな間違いです。

ご祝儀があるからという前提で、
ご結婚式・披露宴などの予算を考えるのはおすすめしません。

ご結婚式は新郎新婦様お二人の人生の始まりです。
そこから新たな日常がスタートします。
結婚式が済んだら赤字スタートという
悲惨な状況は全然おめでたくありません。

現実的に、生きていくにはお金は大切です。

挙式後の生活に支障が出ない金額(予算)はいくらなのか。
しっかりと見出してからでもご結婚式の準備は遅くないと思います。

ロシェル・アンティーク
0859-30-2227
(受付時間 10:00~19:00 休業日除く)

メールでのお問い合わせ

#結婚式場ロシェル・アンティーク#ご結婚式#挙式#前撮り#撮影#ナッシュ・アーツ#写真#アンティーク#ドレス#素敵#外国風#結婚式スナップ#大聖堂#バージンロード#チャペル#フラッグガール#フラッグボーイ#米子市#ステンドグラス