会食結婚式

会食と披露宴の違い

披露宴と会食 どう違うんですか?
とよく聞かれます。

正直にいうと披露宴=これ、会食=これ
という明確は定義はありません。

だったらすべて披露宴と呼べばいいじゃないか。
と思われるかもしれませんが、
ロシェル・アンティークではふたつを区別して
考えます。
なぜなら、その差は大きいからです。

コスト面

披露宴は食事代はもちろん、会場費・照明・音響に司会、
またお色直しに伴う、衣装・美容代が必要です。
会食はお食事をメインとしますので、
単純に「お食事代×人数分」です。
お色直しもありませんので、それに伴うコストが削減できます。

労力面

会食はご招待する範囲を限り、ご両親をはじめとする
ご家族・ご親戚までのごく身内の少人数の場合がほとんどです。
会場・テーブル装飾も最低限で済みます。
また、会食タイムスケジュールを組む必要はないので、
何度も打ち合わせに来てもらうことはありません。
お仕事しながら準備をする新郎新婦様はとても楽だと思います。
披露宴のような余興はありませんので、それに関わる準備などを
ご招待者様が負担することもありません。

ロシェル・アンティークでは挙式後の
お食事を「会食」にてご案内、ご提供しております。
その理由は上記したような披露宴での新郎新婦様の負担を
まずはいかに削減するかを考えたからです。
披露宴を否定しているわけではありませんが、
費用を考えたとき大きな金額がかかることも真実です。
そのため、披露宴はもとより結婚式自体をしないカップルも
年々増えてしまっています。
「結婚式はお金がかかる」という先入観が
いつの間にか根付いてしまったような気がします。
結婚式=挙式+披露宴ではありません。
披露宴という選択肢よりほかを探してみてはどうでしょうか?